湖に沈んだ森や橋

210907-1
シューパロダムの完成により湖に沈んだ森や橋が、ダム湖の水位が下がってその姿を現している。
そんな話を聞いて、シューパロ湖に出かけてきました。
今回はカヌーからその姿を楽しむことに。
そのためには、天気が良くて風のない日に行くに限ります。
しかし、これがなかなか苦戦することに。

やっぱり歴舟キャンプは最高

210901-1
十勝の実家に帰るついでに然別湖でキャンプをしてこよう。
そんな話しをしていたら、北海道にも緊急事態宣言が発令され、然別湖のキャンプ場も閉鎖に。
ちょっとショックでしたが、直ぐに代案を思いつきました。
歴舟川の川原キャンプならば、緊急事態宣言なんか全く関係有りません。
そんな時に不要不急の外出なんてけしからん、などと批判する人もいるのでしょうが、感染リスクが限りなくゼロに近いこんなキャンプを何で自粛しなければならないのでしょう。
今回の歴舟キャンプでは、然別湖に勝るとも劣らない最高の星空を楽しめました。

千歳川クリーン大作戦

210828-1
天気も良いし、家でゴロゴロしているくらいなら少しでも社会の役に立つことでもしようと思って、支笏ガイドハウスかのあさん主催の「千歳川リバークリーンデイ」に参加してきました。
美しい千歳川を後世まで残したいとの趣旨で、今年始めて企画されたものです。
私にそんな立派な志があるわけでは無いですが、何時ものように千歳川を下るついでにゴミも一緒に拾えば良いだけなので、こんな私でも役に立てます。
やってみると、宝探しをやっている感覚で、これがなかなか楽しいです。
カヌーはドロドロに汚れますけどね。(笑)

今更緊急事態宣言

210827-1
8月9日の記事で「一週間後には感染者も減少に転じると思われる」と書いたが、見事に外してしまった。
デルタ株の感染力はやっぱり侮れないようだ。
もう少し推移を見てから書けば良かったのだろうが、それでは意味がない。
感染の急激な増加で国民全体があたふたしているような時に、少しでも早く「そうじゃない」と言いたかったのである。
結果を見てからそれを言うのは、私にしたら後出しジャンケンと同じようなものなのだ。

例会中止でシーソラへ

210822-1
この週末はカヌークラブの8月例回で忠別川を下る予定でしたが、コロナ感染拡大により中止に。
天気も良さそうなので、私はシーソラプチ川を下ることに。
本当は、先日一緒に釧路川を下った佐々木さんのために企画したのですが、その佐々木さんは積丹遠征に行ってしまいました。
でも、もしもその企画を考えなければ例会中止で家でごろごろと過ごしていたと思うので、有意義な週末をすごせて良かったです。

オリンピックとコロナ

korona1
この実行再生算数を見れば、コロナの感染拡大は8月1日にはピークアウトしているようだ。
まだ1を超えているので、感染者数(正しくはPCR検査陽性者数)の増加はもう少し続くだろうが、一週間後にはこれも減少に転じると思われる。
沢山の感動を残して、昨日でオリンピックは閉幕したけれど、感染拡大を招くからとあれだけオリンピック開催に反対していた人達は、もしもこの実行再生算数通りの結果になれば、それをどう評価するのだろう?

同じ空の下オリンピックラン

210807-1
東京2020オリンピックのマラソン競技。
我が家からマラソンコースの一番近い場所までは7キロ弱。
選手の応援というよりも、オリンピックマラソンと同じ時間、同じ空の下を走ってみたくて、現地まで行ってきました。
最近の私の場合、マラソンと言うより競歩なのですが、今回は久しぶりに少しだけですが走りました。

千歳川で避暑

210731-1
記録的な暑さが続く北海道。
今日の札幌も35度近くまで気温が上がり、エアコンの効いた室内でオリンピックを見ているのも良いですが、少しは外でも遊ばなければと、千歳川にでかけてきました。
千歳も31度を超えていましたが、川の上はやっぱり涼しいです。
オリンピックのせいなのか、この暑さのせいなのかか、何時もの週末より釣り人も少なく、河川敷でバーベキューをしている人も見かけません。
それでも、川の上はパドラーで賑わっていました。

冒険家と釧路川

210725-1
冬の知床をSUPで一周したり、アメリカ大陸をリヤカーで縦断したり、そして行く先々で素晴らしい絶景写真を撮っている冒険家の佐々木規雄さん。
そんな方と、ひょんなことから一緒に釧路川を下る機会に恵まれ、オリンピックの開会式も見ずに、この4連休は釧路遠征。
私と同じカヌークラブのNもとさんも付き合ってくれて、まずは釧路川源流部を屈斜路湖から弟子屈まで下りました。

車買い替え

210716-1
11年間乗ったエクストレイルを手放し、ステップワゴンの中古に買い替えました。
かみさんからは「最後の車だから新車でも良いわよ」と言われ、次の車を色々と検討したのですが、特別に気に入った車もありません。
カヌーを積めて、できれば車中泊もできてといった条件で探しましたが、そんな車の新車は400万近い値段です。
今まで手を付けていなかった退職金から支払うので、できれば300万くらいで収めたい。
そして、今乗っているエクストレイルの車検が8月いっぱいで切れてしまうので、それまでに納車できるのが絶対条件です。
今はコロナの関係もあって、これが一番厳しい条件でした。