前田森林公園のフジ

200601-1
終わりに近づいているライラックに代わって、前田森林公園では今、フジの花が見頃を迎えています。
春から初夏にかけての北海道の花の季節は、フジで一区切りを迎えるような気がします。
今日は手稲区でも夏日を記録し、これからは夏の花へと切り替わっていくのでしょうね。
公園の駐車場も今日から開放されましたし、大きな公園なので密になる心配もなく、満開のフジを楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか。

東京五輪マラソンコース試走

200524-1
と言っても、北大構内だけですけどね。
今年の開催に合わせて舗装も新しくかけ直したので、なかなか快適なランニングコースになっていました。
夏になって樹木の葉がもっと茂れば完全な日陰になって、気持ちよく走れる区間ですね。
ただ、来年まで今の状態を保てるかがちょっと心配ですが。

前田森林公園のライラック

200521-1
札幌で暮らしていて、私に季節を一番感じさせてくれる花はライラックです。
青空に映える新緑の木々と紫色のライラックの花。
毎年、ライラック祭りが始まったとのニュースを聞くと、春が終わりいよいよ札幌も初夏を迎えるのだと感じるのです。
今年はそのライラック祭りも中止になってしまいましたが、コロナ騒ぎなど全く関係なく、今年もライラックが花を咲かせています。
何時もはランニング中に訪れる前田森林公園ですが、今日はカメラをぶら下げてのんびりと歩いてきました。

閉校4年後の弁華別小学校

200520-1
2016年3月に閉校となった当別町立弁華別小学校。
それから4年が経過した小学校のグランドはタンポポとデージーに覆われていた。
当別川の川下り、道民の森でのキャンプや登山、そして当別丸山などでのバックカントリースキーへ出かける時には、何時もこの弁華別小学校の前を通り過ぎる。
久しぶりに寄り道してみたが、子供達の歓声が消えた校舎は徐々に廃屋化が進んでいるようだ。

緑に埋もれる廃墟

200508-1
GWも終わったので、我が家もそろそろ行動開始。
とは言っても非常事態宣言が出されていることもあり、人とは絶対に会わないと思われる場所へ行ってきました。
某鉱山の精錬所の跡です。
9年前の丁度同じ日にここを訪れていたのですが、その時とは全く違う様子に驚かされました。

今年の桜

200506-1
コロナ禍により、人に見られることもなく散っていく今年の桜。
そんな観光地の桜も多かったと思いますが、私は遠出しなかったおかげで、家の近所の桜を例年以上に楽しむことができました。
密になることもなく近場でこんなに美しい桜を楽しめるのですから、札幌はやっぱり恵まれていると思います。
ランニング中にスマホで撮った写真ばかりなので写りは今一ですが、今年の桜の風景をお楽しみください。

SNSに溢れる毒

私は、SNSの中ではフェイスブック(以下FB)を利用しています。
そのFBで最近、私のコロナ騒ぎに関連する投稿に対して何時も棘を含んだコメントをしてくる方がいました。
私の場合はどうしても物事を斜めから見てしまう傾向があって、他の人の考えとは異なることを書くことが多いのですが、多分それが気に入らなかったのでしょう。
他にも同じ方がいそうなので、余計な波風は立てないようにFBでコロナのことを話題にするのは止めておこうと思いました。
でも、何かネタを見つけるとどうしても我慢できずに書いてしまうのが私の悪いところです。
そんな中で突然その方が、私がホームページの方に書いた奈良旅についての記述が余程癪に障ったらしく、私の日記の内容を引用し「こんなことを考えている奴がいる何て信じられない」などと私の人格について激しく非難してきました。

奈良旅寺社の風景

200416-14
東大寺南大門で、早朝以外の時間帯で他の人間が写り込まない写真なんて、そう簡単に撮れるものではないと思います。
奈良旅から帰ってきて、もう一週間が過ぎました。
現在は観光客の姿も更に減っているのでしょうね。
今なら近所の公園に行くよりも、こんな観光地の方が安全だと思います。
貴重な国宝の数々を他の観光客に邪魔されずにゆっくりと見て回れる機会なんてもう2度とないのに、とても勿体なく感じます。

早過ぎる一斉飛び立ち

20200414-1
宮島沼でのマガンのねぐら入りは何度も見ていましたが、まだ見たことのなかった朝の一斉飛び立ち。
特に春の一斉飛び立ちは、時間が早いのでなかなか見に行けませんでした。
そこで前日から出かけて、車中泊で朝を迎える作戦。
作戦は大成功だったのですが、まだ暗いうちに飛び立つものですから、写真に収めるのは厳しかったです。

奈良旅鹿のいる風景

20200412-10
観光で奈良にやって来る外国の方の目的は、神社やお寺などではなく奈良公園の鹿だそうです。
私も、初めて訪れる奈良で一番見たかったのは鹿ですから。(笑)
そんな外国人観光客がいなくなったことにより、奈良公園の鹿は鹿せんべいが貰えなくなり狂暴化している何て話しが出て、観光関係者の方は「そんなことはない」とSNSで火消しに追われているとか。
でも、服を引っ張られたり、前足でど突かれたりとか、狂暴化した鹿にせんべいを食べさせるのは命がけでした。
そんな奈良公園の鹿ですが、北海道のエゾシカよりは身体も小さく、引っ張られたりど突かれたりしても、やっぱり可愛いです。(^^)