シニアデーの初滑り

171207-1
札幌国際スキー場は、毎週木曜日がシニアデーで、55才以上だと1日券が1500円と格安に購入することができます。
55才からシニア扱いしてくれるスキー場なんて、道内他に無いですよね。
おかげでかみさんもシニア料金なので、リタイア生活の身でも何とか二人でスキーに出かけられます。
今シーズンはスキー技術の向上を目指して、木曜日はスキー場に出かけようと思います。
今日は私達二人でこっそりと滑ろうと思っていたら、Yさん、Sさん、Kさんご夫妻にMさんまで来ていました。
さすがシニアデーです。(笑)

ヤーコン漬物第2弾

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

171206-1
11月20日に初めてチャレンジした漬物、ヤーコン粕漬け。
毎日美味しくいただいています。
これに味を占め、ヤーコンもまだ大量にあるので、今度は甘酢漬けとべったら漬けにもチャレンジすることに。
漬物って面白いですね。

京の紅葉を愛でる旅最終日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

171128-1
例年より早く色付いた京の紅葉は、この週末が最後の見頃だと地元テレビ局のニュースで流れていました。
京都の旅の最終日は金曜日。
その週末を目前にして、おまけに前日が祝日だったので、平日とは言っても混雑は必至。
そんな時に出かけるのは、京都の中でも特に大勢の観光客が訪れる東山エリアの寺院。
覚悟を決めて宿を出ました。

京の紅葉を愛でる旅3日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

171127-1
紅葉が見頃を迎えている休日の京都。
この日に何処へ行くかが、今回の旅における一番の問題でした。
そこで考えたのが、鷹峯の古寺や大徳寺の塔頭をゆっくりと歩いて回る計画。
特に、本阿弥光悦ゆかりの鷹峯は、学生時代に訪れたことのある懐かしい土地でもあります。
夜中に降った雨が見頃を迎えた紅葉をしっとりと濡らし、この選択は大正解でした。

京の紅葉を愛でる旅2日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

171126-1
京都市内のお寺はほぼ回り尽くしていたので、今回は山の方まで足を伸ばしてみるつもりでした。
しかし、今年の京都の紅葉は例年より早く進んでいたので、楽しみにしていた鞍馬・貴船の紅葉は既に見頃を過ぎてしまったとか。
それでも、高山寺、神護寺の紅葉はまだ見頃らしいので、そちらを見に行くことに。
今回の旅では、紅葉の進み具合に合わせて回るコースを何案か考えていたので、それが功を奏しました。

京の紅葉を愛でる旅初日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

171125-7
京都の紅葉を愛でる旅は2003年、2015年に続いて、これが3度目。
過去2回は紅葉のピークを過ぎた12月の旅だったけれど、今回は紅葉のピークに合わせて11月下旬に日程を組んでみました。
紅葉時期の京都の混雑ぶりは話しに聞いています。
どうなることかと思いましたが、入念に立てた計画のおかげで何とかじっくりと古都の紅葉を楽しむことができました。

ヤーコン粕漬け

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

171120-1
大量に収穫した今年のヤーコン。
このままでは半分以上がダメになってしまいそうなので、漬け物にして保存することにしました。
我が家で本格的な漬け物を漬けるのは、これが初めて。
なかなか楽しいです。
写真は下漬けが完了したところ。

海の荒れた翌日

171113-1
発達した低気圧の影響で昨日まで大荒れだった日本海。
その後なのでもしかしたらお宝がゲットできるかも、石狩の無煙浜まで行ってきました。
でも、落ちているのはゴミばかり。
そんな中で拾ったのがこれ。
イルカの脊椎なのかな~?
お宝かどうかは分かりませんが、ビーチコーミングの成果としてはレア物じゃないかと思ってます。(笑)

白老でラストキャンプか?

171107-1
11月に入って小春日和の日が二日も続くことなんて滅多にありません。
そんなチャンスを逃さずにキャンプに行けるのがリタイア生活の一番良いところです。
でも、開いているキャンプ場は限られてしまいます。
そんな時に11月まで開設してくれている白老のポロトの森キャンプ場は、非常にありがたい存在ですね。

楓沢お散歩

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

171102-1
晩秋の穏やかな一日、最近気になっていた楓沢でも歩いてみようと出かけてきました。
楓沢は風不死岳や樽前山への登山道の一部にもなっているルートです。
でも、今年のグリーンシーズンは一度も山に登っていないので、いきなり無理はできません。
苔が美しいと言われる函の中だけを歩くことに。。
近くの苔の洞門が立ち入り禁止になって久しいですが、この楓沢は苔の洞門に勝るとも劣らない、素晴らしい苔の風景が続いていました。