台風一過の川下り

190818-01
台風の影響でどうなることかと心配していたカヌークラブの8月例会。
思っていたほどの大雨にもならず、無事に川を下ることが出来ました。
女性SUP会員も初参加。
SUPで川を下る風景も、すっかり見慣れたものになってきましたね。

我が家の夏休み

190807-01
暑いのが苦手な我が家は、夏は何処にも出かけずに家で大人しくしていることが多いのですが、暑くても唯一許せるのが歴舟川の河原キャンプ。
去年はそれでも灼熱地獄の河原キャンプでしたが、今年は札幌や内陸部で真夏日を記録する中、気温も25度程度で過ごしやすく、川の中に入っても良い気持ち。
避暑を兼ねた楽しい夏休みを過ごせました。

水の無いタウシュベツ川橋梁

190722-1
水に浸かっていないタウシュベツ川橋梁を見たことが無かったので、出かけてきました。
歩いて橋の近くまで行けるので、こちらの方が結構人気があるみたいです。
林道の鍵を借りるために十勝西部森林管理署東大雪支署へ朝一番で行きましたが、既に2組、私たちの後から更に2組、平日でも人が多いです。
今年は雨が少ないので、湖の湖面はまだ遥か遠くでした。
私達はやっぱり、水に浸かったタウシュベツ川橋梁をカヌーの上から眺める方が好きですね。

今年もダウンザテッシ参加

190716-1
去年に続いて、今年もダウン・ザ・テッシ-オーペッ2019に参加しました。
去年は特別な大会で、4日間かけて天塩川の河口まで100マイルを下る予定だったのですが、1日が雨で中止になり、100マイル達成ならず。
今年の大会は、その中止になった区間を下るので、これは参加しないわけにはいきません。
そしてめでたく完漕し、途中で途切れていた100マイルの線が1本に繋がりました。\(^o^)/
でも、非常にハードな二日間の川下りだったのです。

亜麻ブルー

190711-2
亜麻の花の青って、爽やかで良い色ですね。
当別町の亜麻の花が見ごろだと聞いて、出かけてきました。
朝に開花し、午後には散ってしまうと言う亜麻の花なので、何時もより早い時間に朝食を済ませて家を出発。
まあ、そんなに焦らなくても良いのですが、太陽の位置が低い方が花も綺麗に見えると思って。
遠くから見ると、黄金色に色付いた小麦畑が広がる中で、亜麻の畑は青い湖の様でした。

久しぶりの川下り

190707-1
今シーズン5回目、久しぶりの川下りは尻別川です。
今の時期で5回目って、例年と比べるとかなり少ないのですが、もしかしたらこれが普通なのかもしれませんね。
写真は「滝に打たれる青年」。
見かけは打たせ湯を楽しんでいるようですが、湧水の滝なので水温は低く、かなり厳しい修行だったようです。(笑)

東北の旅のキャンプ飯

190624-1
東北の旅での12泊のキャンプ。
その間の夕食と朝食は、かみさんが全て作ってくれたわけですが、毎日移動しながら、泊まるキャンプ場のタイプも様々。
そんな条件の中で、一定のクオリティの食事を毎日作ってくれるわけですから、本当に頭が下がります。
以前は、ご飯を炊くのだけが私の仕事でしたが、最近はパックご飯の手軽さを知ってしまったためにその仕事も無くなり、かみさんが調理をしている間、私は何もしないで食事が出てくるのを待っているだけ。
まあ、翌日の旅の計画を考えたりとか、私も私なりに忙しいのですけどね。(笑)
この写真はキャンプ最終日の夕食、最後だからと言って肉を焼いてくれました。

東北の旅の風景

190622-1
12泊13日でキャンプしながら、福島県を除く東北5県をぐるりと回ってきました。
旅の記録は今後徐々にまとめていきますが、まずは印象に残った東北の風景を幾つか紹介しておきます。
最初の写真は、鶴岡市加茂水族館のミズクラゲ一万匹が浮遊する大水槽「クラゲドリームシアター」です。
ここを訪れた4日後、新潟を震源とする地震が発生し、鶴岡市では震度6弱を記録しました。
私たちが長期の旅行に出かけていると、色々と自然災害が発生する傾向にあるみたいです。(^^;

練習は裏切らない

190603-1
千歳JAL国際マラソンは、フルマラソン4大会連続で5時間切りの結果となりました。
体力的には普通の人よりも劣っている私がサブ5で走るためには、大会前の2か月間は月200キロ以上の走り込みをする必要があると言うことが大体分かってきました。
やっぱり練習は裏切らないです。
練習量をもっと増やせば自己記録をもっと縮めることは可能だと思いますが、加齢による衰えもあるので、月300キロ近くまで走り込む必要がありそうです。
月200キロでも、キャンプなどの日数を減らさなければ無理なのに、月300キロとなると生活を全てランニングのために捧げなければなりません。
マラソンでタイムに拘るのは今年までにしようと思います。

山菜と激流

190519-1
クラブの例会で鵡川と沙流川を下ってきました。
土曜日の鵡川上流部は水も少なく、目的は山菜だけ。
そして、山菜をたっぷりと食した翌日の沙流川は、一転して水は多め。
三岡の落ち込みは、かみさんに逃げられてソロでチャレンジ。
チキンコースでしたが、久しぶりに三岡の落ち込みをクリアできました。(^^)