メルカリで小銭稼ぎ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

191206-2
現金収入が限られたリタイア生活の身にとっては、いらなくなったものをメルカリで売り払って得られる僅かな収入でも、とてもありがたく感じるものです。
それで最近は、すっかりメルカリに嵌っているのですが、現金収入よりもお店屋さんごっことしての楽しみの方が大きいかもしれません。

戦争論

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

docomoの雑誌読み放題サービスを利用するようになって毎週欠かさず読んでいるのが、週間SPAの連載漫画であるゴーマニズム宣言。
これを描いているのが小林よしのりである。
その名前は以前から知ってはいたけれど、「右翼論壇の一人なのだろう」程度の認識しか持っていなかった。
それがたまたまゴーマニズム宣言を読んで、右でも左でもないその考え方にすっかり惹かれてしまった。
今の政治についても、気持ち良いくらいに一刀両断してくれて、私の中でもやもやと燻っていたものが見事に整理されたような気がした。
確かに、全体的には右寄りの視点が多いけれど、その基本となる考え方は明快で納得できるものである。

GPS腕時計新調

191128-1
これまでランニングの時には、EPSONのGPSランニングウォッチ J-300Tを使っていました。
それが何と、EPSONがGPS腕時計市場から撤退するとのこと。
今年の3月に、それまで長く使い続けていたGARMINから乗り換えてEPSON製品にしたばかりだというのに、完全に裏切られた気分です。
先の無いEPSON製品を今後も使い続ける気にもなれずに、見切りをつけて買い換えることに。
で、また、GARMINに逆戻りです。(笑)

ブログの絵日記化

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

すっかり絵日記と化してしまった最近のこのブログ。
そうなった理由は、自分でも良く分かっているつもりだ。
それは、ブログの各記事にFacebookの「いいね!ボタン」を表示するようにしたからなのである。
気にしない様にしてはいても、そこに表示される「いいね!」の数字にどうしても目がいってしまう。

北陸の旅の風景

191116-2
9泊10日(船中2泊)の北陸の旅。
金沢や富山の町は思い出せないくらいの昔に観光や出張で訪れたことはありますが、北陸を訪れるのは今回が初めての様なものです。
以前から興味のあった白川郷や五箇山の合掌造り集落も見ることができ、おまけに合掌造りの民宿にも泊まることができました。
この写真は五箇山の相倉合掌造り集落ですが、私の止まった民宿も写っています。
その他、旅の中で印象に残った風景を幾つか紹介します。

北大黄葉ラン2019

191031-1
北大構内のイチョウ並木が綺麗に色付いていると聞いて、早速走って見に行ってきました。
ここは、私が札幌の中でも一番好きな場所かもしれません。
家を出る時はパラパラと雨が降ってくるような天気でしたが、曇り空の下で見る黄葉もしっとりと落ち着いた風情があるだろうと、気にもしないで走っていきました。
でも、北大に着く頃には天気も回復。
やっぱり陽射しのあった方が、黄葉も映えますね。

7年前の自分は強過ぎ

191027-1
3年連続でフードバレーとかちマラソンにエントリー。
その目標はただ一つ、2012年の余市味覚マラソンで記録したハーフの自己ベスト1時間57分31秒を更新すること。
過去2年、この目標を達成できなかったので、今年こそはとかなり気合を入れて望んだのですが、記録は去年とほぼ同タイム。
フルマラソンは毎年自己ベストを更新しているのに、ハーフだけは7年前の記録をどうしても更新できません。
持久力だけは当時よりも大幅にアップしていると思うのですが、スピードは年齢とともに衰えてきているようです。

屋根の塗替え

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

191024-1
前回屋根を塗ったのは10年前。
自分で屋根を塗るのはこれが3回目。
素人仕事で塗装もかなり傷んでいたので、専門業者にお願いしようとも思いましたが、お金が無くて時間だけはある生活なので、やっぱり自分でやることに。
築30年を超えた家なので、業者さんにお願いしたら多分トタンの葺き替えを勧められそうなので、それが嫌だったこともありますが。(笑)

のんびり朱太川

191020-1
たまにのんびりとした川を下りたいと言うメンバーが集まり、のんびりとした川の代表格ともいえる朱太川を下ってきました。
でも、自然河川なので倒木も多く、そんなにのんびりとも下ってられないのですけどね。
週間予報では週末の天気がパッとしなくて心配してましたが、さすがに世界の晴れ女が一緒だと素晴らしい青空が広がり、紅葉を眺めながらの気持ちの良い川下りとなりました。

台風の影響もなく川遊び

191013-1
本州の方が台風の大雨で大変なことになっている時に、私たちはクラブの10月例会で沙流川へ。
紅葉は最盛期にはまだ早く、川は渇水。
緊張させられるような瀬は、三岡の落ち込みくらい。
私がビビってポーテージしたところを、果敢にチャレンジしたSUPの彼女。
川の藻屑と消えましたが、素晴らしいです!