宣言明けの沙流川例会

211010-1
緊急事態宣言が解除され、久しぶりにキャンプしながらの例会。
紅葉最盛期にはまだ1週間ばかり早い感じでしたが、それでも紅葉を眺めながらの沙流川に鵡川のダウンリバー。
渇水が続いていた中で、久しぶりに水量も十分で楽しめました。
ちょっとしたイベントも企画されたキャンプも楽しく、こうして誰もが気兼ねなく参加できる例会は良いものですね。

山に清流に紅葉

211003-1
雨上がりの真っ青な空と白い雲、下るに従って姿を変える山の風景、色付き始めた紅葉、そして美しい清流。
尻別川に癒やされる日曜日となりました。
下ったのは喜茂別上流の境橋から堰堤まで。
瀬がなくて面白くない等と敬遠されがちな区間ですが、6年ぶりにようやく下ることができました。
景色を眺めながらのんびりと下るには良い川です。

積丹ブルーを見に行こう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

211001-1
朝から天気が良かったのでたまには山にでも登ろうかなとぼんやりと考えていたら、かみさんから天気が良いから積丹に行きたいとの提案が。
今日は気温が上がりそうで、朝のウォーキング時に太ももの裏に違和感もあったので、すんなりと山から海に変更。
台風からの湿った空気が流れ込んでいるのか、やたらに蒸し暑く、神威岬までの遊歩道を歩いただけで汗をかいたので、こんな日に山に登らなくて良かったです。

鮭と戯れながら余市川

210926-1
天気も良いし、久しぶりに余市川を下って鮭が遡上する姿でも見てみようかと思って企画したところ、4名の方が参加してくれました。
最近は少人数の川下りが続いてますが、車回しさえできれば良いので、最少催行人員は2名で十分。
何時もと同じく、大江橋から鮎見橋まで下るつもりでしたが、最近下った人の話では水が全然なくて、カツカツでガリガリだったとのこと。
しょうがなく、途中の鉄橋の下から下りましたが、時々カヌーの底を擦るものの、一度も歩くことなく下れて、鮭の姿も沢山見られて楽しいサーモンダウンリバーとなりました。

初めて下った空知川中流域

  • 投稿日:
  • by

210923-1
空知川の布部から北の峰まで、前回の尻別川に続いて初めて下る区間。
新しい川を下るのは全てが新鮮に感じて楽しいですね。
天気予報では、曇りで昼頃から雨が降り始めるとなっていましたが、最後まで青空の下での川下り。
思っていた以上に流れもあって、水も綺麗。
空知川は富良野市内まで清流のまま流れていました。

朱鞠内は裏切らない

210916-1
天気が続いて風も弱そう。
そんな天気予報を見て急遽出かけることにした2泊3日の朱鞠内湖キャンプ。
朝靄に包まれる朱鞠内湖、ベタ凪の湖面の朱鞠内湖、そんな風景を期待して出かけたのですが、やっぱり朱鞠内湖は裏切りません。
期待通りの風景を楽しませてくれました。
まあ、毎日が休みなので、絶対に天気が良くなりそうな日を狙って出かけているのですから、これで裏切られたらショックですけどね。(笑)

夕陽を目指して尻別川を下る

210912-1
尻別川の河口で夕陽を見る。
Nモトさんと「尻別川を蘭越から河口まで下ってみよう」との話をしていて、ただ下るだけでは面白くないので、それを目標とすることにしてみました。
何せ、尻別川の下流部は瀬があるわけでもなく、そして下る距離は約23キロもあるので、何かご褒美がないと気分も盛り上がりません。
天気が良くて、向かい風とならないこと。
11日の土曜日がちょうどその条件に合いそうなので、前日の金曜日に計画決行を決めました。
かみさんからはそっぽを向かれ、そんな急な話に他に付き合ってくれる人もいなくて、二人だけの川下りです。

湖に沈んだ森や橋

  • 投稿日:
  • by

210907-1
シューパロダムの完成により湖に沈んだ森や橋が、ダム湖の水位が下がってその姿を現している。
そんな話を聞いて、シューパロ湖に出かけてきました。
今回はカヌーからその姿を楽しむことに。
そのためには、天気が良くて風のない日に行くに限ります。
しかし、これがなかなか苦戦することに。

やっぱり歴舟キャンプは最高

210901-1
十勝の実家に帰るついでに然別湖でキャンプをしてこよう。
そんな話しをしていたら、北海道にも緊急事態宣言が発令され、然別湖のキャンプ場も閉鎖に。
ちょっとショックでしたが、直ぐに代案を思いつきました。
歴舟川の川原キャンプならば、緊急事態宣言なんか全く関係有りません。
そんな時に不要不急の外出なんてけしからん、などと批判する人もいるのでしょうが、感染リスクが限りなくゼロに近いこんなキャンプを何で自粛しなければならないのでしょう。
今回の歴舟キャンプでは、然別湖に勝るとも劣らない最高の星空を楽しめました。

千歳川クリーン大作戦

210828-1
天気も良いし、家でゴロゴロしているくらいなら少しでも社会の役に立つことでもしようと思って、支笏ガイドハウスかのあさん主催の「千歳川リバークリーンデイ」に参加してきました。
美しい千歳川を後世まで残したいとの趣旨で、今年始めて企画されたものです。
私にそんな立派な志があるわけでは無いですが、何時ものように千歳川を下るついでにゴミも一緒に拾えば良いだけなので、こんな私でも役に立てます。
やってみると、宝探しをやっている感覚で、これがなかなか楽しいです。
カヌーはドロドロに汚れますけどね。(笑)