初カヌーに初キャンプ

  • 投稿日:
  • by

rekihune0
今頃になってようやく今シーズンの初カヌー、そして北海道での初キャンプ。
その舞台は歴舟川。
予想以上の好天に恵まれ、最高の川下りと最高のキャンプを楽しめました。
やっぱり歴舟川は裏切りません!

サーバー乗っ取り顛末

最初に何か変だなと気が付いたのは、ブラウザのブックマークから自分のホームページにアクセスしようとしても繋がらなくなったこと。
でも、他のリンクからだと繋がることもあり、何でだろうと調べてみて、直ぐに原因は判明。
ブックマークに登録してあるURLは http://hokkaicamp.com
これでは繋がらないけど http://hokkaicamp.com/index.html と、index.htmlまで指定すれば問題なく繋がる。
何かおかしいなと思いながらFTPでサーバーにアクセスして調べてみたところ、自分が最後にアップロードした日よりも新しい日付のファイルが幾つか見つかった。
これはもしかしたらサーバーが乗っ取られてしまったのかも。

瀬戸内海と桜の風景

P1020048
今年の中国四国の桜の開花は平年よりかなり早くなっていると聞いて、旅に出るまで「桜が散ってしまうのでは」と気が気でなかったのですが、何とか間に合いました。
この季節にこの辺りを旅する時は、まず初めに桜の名所を調べることにしています。
そしてそれから観光地を調べて大体の回るルートを決め、そのルート上の桜の名所に寄り道するって感じです。
回りながら「過去の旅の方がもっと美しい桜を楽しめた気がする」と思っていましたが、途中から「瀬戸内海の桜は瀬戸内海の風景とセットで楽しむものなのだ」と理解するようになりました。
瀬戸内海でしか見られない桜の風景、たっぷりと楽しむことができました。

瀬戸内海の朝日や夕日

IMG_2667
前回の多島美の写真はモノトーンのような風景ばかりだったので、今度は少し色の付いた朝日と夕日の写真をアップします。(笑)
瀬戸内の旅でのキャンプは大体が海に近いキャンプ場をチョイスしていたので、朝日や夕日を楽しめる機会が多かったです。
最初の写真は五色台の休暇村駐車場から見た夕日。
私がこれまでに見た夕日の中では一番印象に残るものでした。

瀬戸内海の多島美

IMG_2830
ここ数年、4月に北海道を離れて一足先に桜を楽しむのは我が家のお決まりのパターンになっています。
今年は四万十川桜マラソンにエントリーしていたので、それに絡めて3度めの四国の旅を予定していましたが、そのマラソン大会が中止に。
約2万人が参加する東京マラソンが開催されたのに、なんで地方の小さな大会が中止になるの?とは思いましたが、まあそれぞれ事情があるのでしょう。

予定していた旅を止める気にはならないので、以前から興味のあった瀬戸内海を回る旅を新たに企画し、3月27日から船中泊4泊を含めて22泊23日の旅を楽しんできました。
旅の途中に撮影した2500枚の写真の中から、多島美とも言われる瀬戸内海の風景写真を何枚か紹介します。

アルパインリベンジ

220313-1
天候不良でチラ見しかできなかった利尻島のアルパインエリア。
欲求不満が溜まっていたので、本物のアルパインを楽しもうと、旭岳に行ってきました。
無風で快晴、これ以上は望めないような好条件。
昨日の強風でせっかく降った雪は吹き飛んでいましたが、それなりに楽しめる斜面もあって、利尻島での欲求不満もこれで解消できました。
月末から旅行の予定もあるし、今年の山スキーはこれで終わりかな?

吹き飛んでしまった利尻パウダー

220308-1
今回は初の利尻遠征。
参加者は7名。
ペンションレラモシリに泊まって、カリスマガイドである渡辺敏哉さんのガイドで利尻パウダーを堪能。
そんな予定だったのですが、悪天候によってパウダースノーは吹き飛ばされ、飛行機も欠航となり、残念な利尻遠征となってしまいました。
これはリベンジしないと駄目かな~。

こんな日は山に逃避

220226-1
札幌の予想最高気温はプラス8度。
テレビからは嫌なニュースしか流れてこないし、こんな日は高い山に登って美しい風景に癒やされるに限ります。
と言うことで、カヌークラブのメンバー10人で三段山に登ってきました。
そして、期待通りの美しい風景と、期待以上の深雪パウダー、想定外の暴風など、山の楽しさ、厳しさを十分に満喫したのでした。

これが激パウ?

220219-2
今日は某バックカントリーでパウダー三昧。
今シーズン一番のパウダーいただきました。
天気は期待していなかったけど、ずーっと太陽が出ていて、雪面が見やすいのが良かったです。
私にとっては斜度がきつ過ぎて、1本目はちょっとビビりましたが、これだけ深い雪だとある程度斜度があったほうが良いですね。
でも、その急な斜面を3本登り返すのはさすがにきつかったです。(笑)

楽しすぎた三段山

220215-1
今日はぶっちぎりの青空が広がるはずで雪も良いと聞いていたので、三段山へ向かいました。
ところが札幌を出てから上富良野までずーっと曇り空。
「何でだ~」と文句を言いながら山へ上がってくると、そこには青空が。
何の事はない、ずーっと雲海の下を走ってきたみたいです。(笑)
そして無風の山頂に、山頂直下からのパウダー滑降。
これだけの好条件で三段山に登頂できたのは、2回目かな。