浦臼神社のカタクリ・エゾエンゴサク

170426-1
浦臼神社のカタクリやエゾエンゴサクの花が丁度見頃を迎えています。
今年の冬は全道的に雪が少なかったので、雪融けとともに花を咲かせるスプリング・エフェメラルが例年より早く花を咲かせているみたいです。
各地のエゾエンゴサクやカタクリの名所は、今年は早く見に行かないと花が終わっちゃうかも。 (笑)

川春到来

170423-1
ウィルダネスカヌークラブの今シーズン初例会in千歳川。
参加者は何と40名!
私の知る限りでは、40名も集まった例会なんて記憶に無いです。
カヌー人口、増えてきている?
いずれにせよ、皆さんカヌーシーズンが始まるのを心待ちにしていたのは確かですね。

四国の旅、吉野川遍

170421-1
四国を離れる日が翌日に迫る中、ようやく天気も体調も回復し、4月13日四国3本目の川になる吉野川を下ることができました。
今回のカヌーを積んでの四国遠征は、お遍路でこの吉野川を渡った時に水の美しさに感動したのがきっかけだったのですから、ここを下らずには四国を離れることができません。(笑)
最初の写真ですが、瀬を前にして流れが速くなり、川底の石もくっきりと見えて、まるでカヌーが空中に浮かんでいるようで、そのままスーッと流れていくところです。
今回の3本の川下りの中で、一番感動した瞬間でした。

四国の旅、四万十川遍

simanto13
今回の四国の旅における主目的は四万十川の川旅。
しかし、仁淀川を下った後は雨が続き、晴れるのは4月9日の日曜日だけ。
ところが、日曜日はバスが運休になるため、車の回送手段がない。
一時は諦めかけた四万十川の川下りですが、FB友達のアドバイスにより「かわらっこキャンプ場」まで下って翌日にバスで車を取りに戻ることにして、何とか一日だけでも四万十川を下ることができました。

四国の旅、仁淀川遍

170417-1
今回の四国の旅の目的は、カヌーでの川下り。
その最初の1本目は仁淀川。
同じ時期にお遍路で四国を回っていたN島さんと、宮の前公園キャンプ場で4月4日に合流。
そして翌日、キャンプ場前の川原をスタート。

四国の旅、桜花遍

170416-1
四国の今年の桜の開花は記録的に遅かったそうです。
でも、そのおかげで私達が四国を旅している最中、何処へ行っても美しい桜の花が歓迎してくれました。
この写真は、桜百選にも入っている高知県香美市の鏡野公園。
名所と言われているところの桜はさすがに美しいですが、わざわざそんなところまで行かなくても、そこら中で美しい桜が見られます。
北海道にいる時の10年分の桜を一度に見てしまった気がします。(笑)

3月のパウダー

170325-1
今シーズンのパウダー納めのつもりで出かけた白樺山。
しかし、既に3月も下旬、札幌は季節外れの大雪が降ったのにニセコの降雪はゼロ。
新見温泉まで上がると、3センチくらいは積もっていましたが、それも湿った雪。
青空が広がってきていたので、山の風景だけ楽しめれば良いやと思っていたのですが、まさかのパウダー。
3回も登り返してしまいました。(笑)
本当は後ろに写っている目国内岳に登る予定だったのですが、白樺山に変更して大正解でした。

厳冬の三段、春の音江

170320-1
カヌークラブのお仲間と1泊2日のスキーツアー。
初日の三段山は、まさかのパウダー。
でも、上の方は強風極寒。
2日目は音江山。
最高の青空に春の陽気。
3連休の3日目なのにノートラックの斜面、雪もまあまあ。
楽しすぎる2日間でした。

夏靴ラン

170314-1
札幌ではまだ夏靴では走られませんが、十勝はもう冬靴でなくても大丈夫です。
かみさんは久しぶりのランニングです。
私は先月頃からちょくちょく走り始めていましたが、かみさんはお遍路から帰ってきて、多分これが3回目くらいのランです。
当面の目標は5月21日の洞爺湖マラソン。
あと2ヶ月ちょっとで本番なのに間に合うのでしょうか?(^^;

高下駄履いて羊蹄へ

170311-1
今日は羊蹄山のマッキモコース。
雪の降る札幌を脱出すると、途中から素晴らしい青空が。
その青空は羊蹄山までやって来ても、まだ広がっていましたが、ちょっと怪しげな雲が・・・。