今週も羊蹄山

190203-1
先週に引き続き、今週も羊蹄山喜茂別コース。
他に行く場所がないのです。(笑)
土曜日の猛吹雪から一転して、今日は快晴無風。
予定を一日延期して大正解でした。
と言うか、昨日登っていたら死んでましたね。

最後のアイスバブル

190131-1
氷の中に閉じ込められた無数の泡「アイスバブル」
阿寒湖で見られるという話しを聞いたことがあるので、一度見に行きたいと思っていました。
でも、雪が降ると埋もれてしまうので、見られるのは湖が凍って雪が積もるまでの僅かな間だけ。
そんなチャンスは滅多に無いだろうと半ば諦めていたら、今年の十勝地方は雪が少ないので、糠平湖でこのアイスバルブが見られると大きな話題に。
なかなか見に行く機会が無く、そのうちに雪も結構降るようになり、今シーズンはもう無理かなと思っていたら、1月30日付北海道新聞朝刊にアイスバブルの写真が掲載されたので、その日のうちに行ってきました。

今日も良いお天気

190127-1
昨日は予想外の良い天気でしたが、今日は予想通りの良い天気。
素晴らしい青空の下、音江山に登ってきました。
でも、昨日も沢山人が入っていたみたいで、今日もまた沢山入っていて、雪も金曜日から降っていなくて、斜面はもうズタズタ。
それでも1月としては滅多に無いような天気に恵まれたので、良しとしましょう。

やっとシーズンイン

190126-1
もう少しで1月が終わろうとしている頃に、やっと山スキーのシーズンイン。
本当は2週間前にシーズンインしているのですが、色々とあって実質的には今日の羊蹄山喜茂別コースが今シーズンの初山スキーの様なものです。
最初でいきなり標高差1000mの登りは、さすがにきつかった~。
でも、予想外の好天に恵まれ、頑張って登った分は完全に元が取れるくらいに楽しく滑り降りることができました。

買っちゃった

190122-1

丁度10年前に買ったCANON EOS 50D。
未だに全然使いこなせていないのに、一クラス上の機種を買うなんて、猫に小判、豚に真珠、犬に論語、色々な表現は有りますが、猫でも豚でも良いんです。
退職して無収入のくせにと言われても気にしません。
今まで全く手を付けてこなかった自分のへそくりで買うんだから、誰にも迷惑かけてないもんね。
CANON EOS Rに、レンズはCanon RF24-105mm F4L IS USM。
僅かなへそくりは殆ど無くなってしまいましたが、欲しい欲しい病がやっと完治しました。(笑)

初詣ラン

20190101-1
あけましておめでとうございます。
十勝の実家で迎える新年。
ソファに寝転がって食べてばかりいたら、体重がどんどんと増える一方なので、運動を兼ねて地元の清水神社まで走ってきました。
都会の神社だと初詣するのにも列に並ばないとダメみたいですが、田舎の神社はのんびりしていて良いです。
ご利益は、都会の神社も田舎の神社も変わりないでしょうからね。(多分?)

2018年我が家の十大ニュース

1
毎年恒例、我が家の十大ニュース発表!
第一位は網走マラソンで自己ベスト大幅更新。
坂道の多い網走マラソンで、私もかみさんも自己ベストを大幅に更新しました。
63歳になって自己ベストを更新できたことは、自分にとって大きな自信となりました。
ただ、元々の自己ベストが大したタイムじゃないですから、年齢とは関係なく練習量を増やせばまだ伸びしろがあるのかも。(笑)
その証拠に今年の年間走行距離は、8年目にして初めて2,000キロを越えました。
練習は裏切らないですね。

道北鉄ちゃん旅

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

181223-1
せっかくの北海道ふっこう割を利用しない手はない。
そこで思いついたのが、JRを使っての稚内への旅。
冬の稚内まで車で行く気にはなかなかなれないですが、JRを使えば車窓の風景を楽しみながらのんびりとした旅を楽しめます。
勿論、特急などには乗らないで青春18きっぷを利用した鈍行列車の旅です。

九州の旅最終日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

181204-1
都会は苦手だけれど、初めての九州旅行となれば、県庁所在地の福岡市は外せません。
それにしても福岡は都会でした。
札幌より人口の少ない都市だとは思えません。
2連結のバスが走り、町の中を走る高速道路は複雑で油断していると全然違う方向へ行ってしまいます。
かみさんは「ビルの中を電車が走ってる!」と驚いていました。(笑)

九州の旅四日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

181203-1
前日がこんな天気だったらと恨めしくなるくらいの青空の下、別府のホテルを出発。
国東半島から紅葉の名所耶馬渓を回って、最後の宿泊地にしていた福岡市を目指します。
昼食は耶馬渓で食べる予定にしていましたが、自分で作った旅の旅程表を見直していると、昼までに耶馬渓に着くのは絶対に無理。
どうやら、時間の計算間違いをしていたようです。
途中の時間をみながら、行先を考えることにしました。