シーズンベストか

180620-1
シーズン中のベストキャンプは朱鞠内湖で記録することが多いのですが、今シーズンもそうなるんじゃないかと思えるくらいに、快適なキャンプを楽しめました。
それも、予定していた十勝でのキャンプが天気が悪そうで、一時はキャンプ中止も考えたというのにこの結果です。
やっぱり、キャンプもカヌーも、まずはフィールドへ出ることが大切なのですね。(笑)

久しぶりの川遊び

180617-1
久しぶりにカヌーに乗るなと思ったら、3週間ぶりの川下りでした。
気持ちの良い青空の下で、久しぶりの川下りを楽しみたかったのですが・・・。
朝の札幌は気持ちの良い青空が広がっていたのに、中山峠を越えるとどんよりとした曇り空。
昨日まで3日間十勝にいましたが、その間もパッとしない天気。
何だか、この一週間、私の行く先には常に暗雲が垂れ込めている気がします。(笑)

北オホーツクキャンプ

180608-1
夏のような暑さが続く札幌を脱出して、涼しそうな北へ向かおうと、行ってきたのが北オホーツク。
しかし、気温が低かったのは道北の日本海側で、北オホーツクも気温は高め。
島キャンプも考えたけれど、日本海側は風が強そうなので、北オホーツクへ行くことにしたのに、ちょっと失敗。
それでも、北オホーツクは独特の雰囲気があって好きですね~。

2回目のサブ5

180603-1
初めて出場した千歳JAL国際マラソン。
コースの大部分が未舗装の林道、折り返し地点まで標高差150mの登りが続き、国道横断2カ所では止められることもある。
イメージはあまり良くなかったのですが、この林道コース最高でした!
タイムもまずまずだったし、千歳マラソン好きかも。(笑)

前田森林公園お散歩

180529-1
何時もはランニングの途中に立ち寄る前田森林公園ですが、今日はのんびりと公園の中を散歩してきました。
公園はやっぱり、走るよりもゆっくりと歩いた方が楽しいです。(笑)
カモの親子も可愛かったし、フジやライラックの香りが漂う新緑の園内は、今が一番良い季節かもしれません。

シーソラ新緑沈脱祭り

180527-1

お天気最高、水量も丁度良く、新緑に染まる河畔林。
恵まれ過ぎた状況でシーソラプチ川を下ってきました。
私は今回もソロのダウンリバー。
気持ち良く快調に下っていたのに、最後の最後で沈脱祭りの大取りを務めてしまいました。(笑)

新緑花粉キャンプ

180523-1
夫婦揃って酷い花粉症なので、なるべくならば今の季節はインドアで過ごしたいところです。
でも、新緑の美しい季節、お天気が良いのに家の中でじっとしていることに我慢できず、アカイガワ・トモ・プレイパークにキャンプに行ってきました。
聞きなれないキャンプ場ですが、以前のドローム・キャンプフィールドが経営者が変わって名前が変わっただけです。
サイト自体は昔のまま。
でも、レッドブル主催のパンプトラック・ワールド・チャンピオンシップを開催したり、グランピングを始める予定があったりと、今までとは少々変わってきそうな気がします。

新緑山菜ダウンリバー

180520-1
土曜日の気温4度、雨の中でのトマム川をパスして、天気が良くてポカポカ陽気の日曜日の鵡川にだけ参加。
最近は、水が多そうだからとか、天気が悪そうだからと言って川下りをパスすることが多く、すっかり「弱気のヒデ」の称号を頂いてしまいました。
でもやっぱり、川下りはこんな好条件の方が楽しいですよね。
今回はかみさんのアレルギー症状がひどく、ソロでの川下りでした。

山菜は採れるかな

180508-1
パッとしない天気のGW後半が終わった途端に天気も回復。
天気に合わせてキャンプへ出かけられるのがリタイア生活者の特権。
何処へ行こうかと考えて、丁度桜が満開の洞爺湖へ。
キャンプ場はやっぱり仲洞爺。
洞爺湖の4か所のキャンプ場の中では、環境、ロケーション、コスト等から評価すると、総合ポイントは私的にはここが一番ですね。

2018桜ラン

180504-1
昨日の強風で散ってしまわないかと心配してましたが、何とか間に合ったようです。
今年の桜ランは、何時もと場所を変えて西区の農試公園と北区の新川桜並木を走ってきました。
どちらも桜の時期に行くのは初めてでしたが、こんなに綺麗だったとはビックリ。
わざわざ遠くまで足を延ばさなくても、近場でお花見ができますね。