北陸の旅の風景

191116-2
9泊10日(船中2泊)の北陸の旅。
金沢や富山の町は思い出せないくらいの昔に観光や出張で訪れたことはありますが、北陸を訪れるのは今回が初めての様なものです。
以前から興味のあった白川郷や五箇山の合掌造り集落も見ることができ、おまけに合掌造りの民宿にも泊まることができました。
この写真は五箇山の相倉合掌造り集落ですが、私の止まった民宿も写っています。
その他、旅の中で印象に残った風景を幾つか紹介します。

北大黄葉ラン2019

191031-1
北大構内のイチョウ並木が綺麗に色付いていると聞いて、早速走って見に行ってきました。
ここは、私が札幌の中でも一番好きな場所かもしれません。
家を出る時はパラパラと雨が降ってくるような天気でしたが、曇り空の下で見る黄葉もしっとりと落ち着いた風情があるだろうと、気にもしないで走っていきました。
でも、北大に着く頃には天気も回復。
やっぱり陽射しのあった方が、黄葉も映えますね。

7年前の自分は強過ぎ

191027-1
3年連続でフードバレーとかちマラソンにエントリー。
その目標はただ一つ、2012年の余市味覚マラソンで記録したハーフの自己ベスト1時間57分31秒を更新すること。
過去2年、この目標を達成できなかったので、今年こそはとかなり気合を入れて望んだのですが、記録は去年とほぼ同タイム。
フルマラソンは毎年自己ベストを更新しているのに、ハーフだけは7年前の記録をどうしても更新できません。
持久力だけは当時よりも大幅にアップしていると思うのですが、スピードは年齢とともに衰えてきているようです。

屋根の塗替え

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

191024-1
前回屋根を塗ったのは10年前。
自分で屋根を塗るのはこれが3回目。
素人仕事で塗装もかなり傷んでいたので、専門業者にお願いしようとも思いましたが、お金が無くて時間だけはある生活なので、やっぱり自分でやることに。
築30年を超えた家なので、業者さんにお願いしたら多分トタンの葺き替えを勧められそうなので、それが嫌だったこともありますが。(笑)

のんびり朱太川

191020-1
たまにのんびりとした川を下りたいと言うメンバーが集まり、のんびりとした川の代表格ともいえる朱太川を下ってきました。
でも、自然河川なので倒木も多く、そんなにのんびりとも下ってられないのですけどね。
週間予報では週末の天気がパッとしなくて心配してましたが、さすがに世界の晴れ女が一緒だと素晴らしい青空が広がり、紅葉を眺めながらの気持ちの良い川下りとなりました。

台風の影響もなく川遊び

191013-1
本州の方が台風の大雨で大変なことになっている時に、私たちはクラブの10月例会で沙流川へ。
紅葉は最盛期にはまだ早く、川は渇水。
緊張させられるような瀬は、三岡の落ち込みくらい。
私がビビってポーテージしたところを、果敢にチャレンジしたSUPの彼女。
川の藻屑と消えましたが、素晴らしいです!

無縁浜でビーチコーミングのはずが

191010-1
昨日は海が荒れていたので、今日は色々なものが打ち上げられていそうだと、石狩の無縁浜にビーチコーミングに出かけてきました。
ところが、身が入ったままの牡蠣やムール貝が沢山打ち上げられていたので、ビーチコーミングそっちのけで夢中になって貝を拾い集めていたのでした。(笑)

別海マラソン自己ベスト更新

191017-1
2年ぶりに走る別海マラソン。
2年前の別海マラソンで初めてのサブ5を達成し、それ以来4回連続でコンスタントに5時間を切れるようになりました。
と言っても、ぎりぎりでの5時間切りだったので、今回の目標は5時間を大幅にきっての自己ベスト更新。
最低でもサブ4.75(4時間45分ということです)が狙いです。
マラソン練習にばかり時間をかけたくないし、年齢的な衰えもあって、今回の別海マラソンで納得のいく結果を残し、来年からは楽しんでフルマラソンを走るようにしようとの思いがありました。

宮島沼マガンのねぐら入り秋

191012-1
前回、マガンのねぐら入りを見たのは2018年の春
秋の方が早い時間帯でねぐら入りするので、札幌から出かけるのには都合が良いです。
それと、秋の方が夕暮れの時間帯が短くて一斉に戻ってくるので、見応えがある気がします。
ただ、そのピークが陽が沈んだ後なので、カメラで撮影するにはちょっと暗すぎて厳しいかも。

ニューテント張り初め

190928-1
20年使った小川テントソレーアードの後継として新しく買ったのが、会社名こそ変わったものの同じogawaのヴィガス。
新しいテントで早速キャンプをしてみようと出かけたのが、士幌高原ヌプカの里キャンプ場。
荷物を積み込んで勇んで出かけたところ、肝心のおニューのテントを積み忘れたことに気が付き途中でUターン。
おかげで出発が1時間遅れ、余計な高速道路料金がかかったけれど、現地に着いてから気が付くよりは良かったです。(笑)