まだまだパウダー

180318-1
「十勝岳で30センチくらい雪が降ったみたいなので、先週のリベンジをしましょう。」
I山さんのそんな誘いも「え~、また前十勝行くの、風が強かったから積もった雪も吹き飛ばされているよ、リベンジと言っても僕は十分に楽しめたし」と、あまり乗り気じゃありませんでした。
そこへI山さんから「まずはフィールドへ出なくちゃ何も始まらないですよ」との言葉が。
それって私が使っているフレーズでしょ!
そんな訳で、2週連続で上富良野へと向かったのでした。

ガリガリパウダー

180311-1
二日前に川が氾濫するほどの大雨が降ったというのに、まだパウダーを諦めていない人達がいます。
私も「標高の高い山なら雪が降っているんじゃないかな」ってちょっと期待はしたのですが、やっぱり山も雨だったみたいです。
それでもガリガリの雪面の上には少しだけパウダーが。
くるぶしパウダーって言うか、かかとパウダーですけどね。(笑)

空海 美しき王妃の謎

kuukai2
雨の降る日はインドア活動。
かみさんの希望で、空海を見てきました。
どんな映画なのかと調べてみたら、無茶苦茶評価低いじゃありませんか。
かみさんが見たがっていた理由は「映像が綺麗みたいだから」。
まあとにかく、他人の評価だけで見るのを止めるのも何なので、札幌ファクトリーのユナイテッド・シネマに行ってきました。

近場で一滑り

180307-1
週間予報で唯一晴れマークの付いていたのが水曜日。
少し雲が多かったので、気軽に登れそうな山へ。
そうしてやって来たのが国際スキー場近くの通称札幌タケノコ山。
アクセスが簡単で、滑りも楽しめそうなので、以前から気になっていた山です。

ホワイトアウト羊蹄

180303-1
全道を暴風雪が吹き荒れた二日間。
その翌日なのでちょっと厳しいかなと思っていたら、予想に反して青空も広がり、風もほぼ無風。
雪も良くて、樹氷も綺麗で、これは大当たりかなと喜んでいたら、一つ誤算が。
さあ滑ろう!と勇んだ途端にホワイトアウト。
前が見えないと滑ろうにも滑られません。

たまにはピークハント

180228-1
パウダーライディングばかりじゃなくて、たまにはピークハントも良いよね~。
と言うことで、漁岳の初ピークを狙って出かけたのですが・・・。
滑るのが目的ならば少々天気が悪くてもパウダーならば大満足。
でも、ピークハントで天気が悪かったら、何のために登るの?って感じです。
天気予報、読み間違えた~!
昨日だったら最高だったのに。(;_:)

山頂までは晴れ

180222-6
天気予報は曇り時々雪だったけれど、朝起きて寝室の窓から見た山には雲がかかっていません。
女子ビッグエア決勝には日本勢3名が残っていたけれど、こんな日は家でオリンピック見ているより山に出かけた方が良いです。
出かけたのは今シーズン2回目の塩谷丸山。

ラッセル地獄

180217-1
私は少々のラッセルは全く厭わないです。
って言うか、ラッセルするのが好きなくらいです。
そんな私でも、さすがに今日はまいりました。
登りのラッセルはまだ我慢できますが、下りもずーっとラッセル。
北海道雪山ガイドでは千尺高地は初級レベルの山として紹介されてますが、登り4時間、下り2時間半かかりました。
まあ、たまにこんなこともあるのがバックカントリーの面白いところです。(笑)

朝活パウダー

180216-1
天気が悪くて、走りにも出られなくて、家の中でオリンピック見たり、録画してあった映画を見たり。
そんな生活が三日も続くともうダメです。
少しくらい天気が悪くても良いから、近所の山で滑ってこよう。
そう思って手稲ネオパラに出かけたら、予想以上の良い天気!
8時から登り始めて11時前には下山。
家から15分で登山口まで行けちゃうし、これなら朝活でも登れそうです。

十勝遠征BC

180212
3連休の十勝遠征。
天気が心配でしたが、パウダー、温泉、そして旨い食べ物と充実した遠征となりました。
宿泊も食事も私の地元の清水町でしたが、清水町にこんな良いところがあったとは!
これからは十勝遠征が恒例になるかも。(^^)